種類を把握する

家庭教師は業界の中でも大きく分けると2種類あります。 いずれも特徴があるので、自分に合う家庭教師を決めていくようにしましょう。 契約をした後でフォローなどをどのように行っていくかを考えていき、いずれの子供にも家庭にも合っていくスタイルで契約を行っていくようにしましょう。 講師選びを行う時には、インターネットなどで調べながら、効率よく進めていくと理想的です。

まずは家庭教師の紹介会社で登録を行っている場合です。家庭教師の派遣会社で登録を事前に行っており、そこから紹介をしてもらうシステムになっています。 紹介会社へ入会金であったり、登録料を支払わなければならないこともありますので、気をつけなければなりません。 そして契約をした後で家庭教師と自分の子供の相性が悪かったり、経験不足と判断して変更したい場合には仲介手数料を支払うこともあります。 授業料以外にもテキストがあらかじめ決まっていることもあります。

一方で個人契約だと余計な費用を掛ける必要がありませんが、探していく際に時間がかかってしまうこともあります。 勉強内容も各家庭教師で異なるので、契約を行う前に確認をしっかりと行うようにしましょう。 時間を多くかけてしまうこともあります。